その他

ブラックかも?でおが金借りれない人は何処で借りる!?

ブラックでお金貸してくれるところが見つからないんだけど...
と思っているあなた!
そもそも本当にブラックですか!?誰かに言われたのですか!?

ブラックリストというものはこの世に存在しません。リスト化されているなんて事はありません。
お金を借りる時は審査がありますよね!?審査の際に金融会社が参考にしているところが信用情報機関という機関なんですが、この情報機関では、借入額や借入日時、返済歴や滞納、延滞などの情報がわかるようになっています。

信用情報機関に登録されているご自分の情報の開示を求めることができることを、
ご存知でしょうか。

信用情報機関にどのような内容が登録されているかというと...

本人を特定できる情報
氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等

契約内容の情報
契約日、借入日、借入金額、登録会員名(信用情報機関 登録会員会社名)等

返済状況の情報
入金日、入金予定日、借入金残高、完済日、延滞状況等

取引事実の情報
債権回収、債務整理、強制解約、破産申立、債券譲渡等

信用情報開示制度

信用情報機関に登録されている、ローンやクレジットなどの契約内容や支払い状況等に関する情報を、ご本人が確認できる制度です。審査に落ちた理由は教えてはもらえませんが、ご自分の現在の状況を知ることはできます。
いわゆるブラックと言われる状況なのかどうかの判断材料の一つにはなると思います。

実はブラックではなかったという方に、100万円でもここなら借りやすい!!
高額融資希望なんだけど..という方におすすめはこちら!

 信用情報開示制度の利用方法

信用情報の開示手続きの仕方には、いくつかあります。

  1. スマホによる情報開示申込手続き
  2. 郵送による情報開示手続き
  3. 窓口での情報開示手続き(東京開示センター・大阪開示センター)
  4. ご本人が亡くなられた場合の手続き

窓口での手続きは500円、その他の手続きは1,000円の手数料がかかります。

詳しくは、信用情報機関HP[ https://www.jicc.co.jp/kaiji/index.html ]でご確認ください。

そもそも、ブラックとは!?

ブラックと一言でいっても、何種類かの状態があると思います。

  • 延滞、滞納のし過ぎや自己破産、任意整理をした場合の金融事故と言われるブラック
  • 同時に数社に申込みをした場合のブラック

どうですか!?当てはまりますか?簡単に回避できるブラックもあるんだとお分かりだと思います。

実はブラックではなかったという方に、ここなら借りやすい!!

当たり前ですが、ブラックだとわかっていてお金を貸すところはありません。もしも、貸してくれるという方、ところがあるとするなら、それは100%闇金です。個人間融資も含めての闇金です。

闇金なのね...

ブラックだとしても...

登録された情報は永遠ではなく、一定の期間が過ぎれば記録から消されます。だいたい、どの情報も5年間は保管されるので、万が一ブラックという状況でも5年経過すれば、その状況から脱することができますよ。

 
 

-その他
-, , , ,

Copyright© 個人間融資の掲示板を覗いてみる!? , 2020 All Rights Reserved.